分譲マンションを貸すメリット

不動産投資を考えてマンションの購入を検討

不動産投資を考えてマンションの購入を検討 / 割安物件より自分が住みたい快適な物件を購入 / 入居者もすぐ決まり最終的には購入時より高値で売却

長引く低金利と、伸び悩む給与で将来への備えは自分でしなければと思い、いろいろ調べた結果不動産投資が最適だと考えました。
その理由は、不動産は担保にして借り入れができるので手元資金以上の元手を使うことができるし、家賃収入を返済に充てれば毎月の支出も少なくて済み、値上がりすれば売却益が得られるし、値下がりしたとしても毎月の家賃収入さえあれば安心だと考えたからです。
ところで、マンションには基本的に購入した人が住むことを前提にした分譲タイプのマンションと、買ったら人に貸すことを前提にした投資用マンションの二種類に分類することができることを、様々な物件のパンフレットで知りました。
投資用と言っても分譲マンションの一種なので、パンフレットにどちらと書いているわけではないのですが、購入者の多くが自ら居住して、転勤などを理由に一時的に人に貸している部屋もあるのが分譲タイプ、買った人の大多数が人に貸しているのが投資用です。
賃貸物件の家賃を決める要因の中でも大きいのは、駅からの距離や立地と広さといった目に見えるスペックなので、壁の厚さや遮音性、暮らしたときの快適さなどは同じ条件ならばいいに越したことはなくても、より高い家賃をもらえるほどではありません。